2019年改元までじっくり楽しむ 「新元号」関連17銘柄

公開日: 更新日:

「2019年4月30日天皇退位、5月1日新天皇即位・改元」が有力視され、「新元号」に関心が高まっている。政府は、来月1日に皇室会議を開き、即位と改元の日程を話し合う予定だ。今後、改元に向け、新元号関連銘柄が値動きするのは間違いない。今から仕込んで、ひと儲けできないか。

「生前退位の報道がされた昨年7月、相場が動きました。今後、改元が近づくと、新元号が話題になることも多くなるでしょう。当然、株価も反応します。割安感が出たところで関連株を買っておき、日々株価をチェックするのもおもしろいと思います」(株式評論家の倉多慎之助氏)

「平成」の元号が入っている印刷物は刷り直さなければならない。昭和から平成へと改元された際、光陽社と光村印刷の株価は大きく高騰した。今回も印刷関連は目が離せない。

 印刷物に元号表記が多いビジネス関連に強いのが、光村印刷、野崎印刷紙業、カワセコンピュータサプライ、共立印刷、共同印刷だ。教科書を得意とする図書印刷やナカバヤシにも注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る