“第四新卒”を積極採用 「森下仁丹」V字回復させた異色社長

公開日: 更新日:

 人生100年時代を迎えようとしている今、年功序列や終身雇用、定年制といった従来の雇用のあり方は過去のものになりつつある。

 働き方が多様化する中で、昨年、40~50代の中高年、いわゆる“オッサン、オバサン”を中心に採用して話題なのが創業125年の老舗企業・森下仁丹だ。

 最高齢72歳、応募総数2200人と多大な反響を呼んだオッサン採用。その内容を著書「赤字30億円からV字復活させた 逆転発想の人材・組織改革術」(扶桑社)にまとめた駒村純一社長が、中高年の可能性について語る。

「わが社では社会人経験の長い40~50代の人材を『第四新卒』と呼んで採用しています。私はよく会社組織をサッカーに例えるんですが、森下仁丹には経験を積んでいて、チームを立て直していく実力あるプレーヤーが必要でした。その上で、社内に新しい風を吹き込み、ゲームに勝ちにいく気概を持った人材を採用しようとした結果、『第四新卒』の募集に至ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る