マンション購入は2月が狙い目 値引き交渉のコツも識者指南

公開日: 更新日:

「マンション購入を考えている人はこの2月が絶好のチャンスです」

 こう断言するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。

「3月に多くの大手ディベロッパーが決算期を迎えます。それまでに引き渡しを終えて売り上げを増やすために、完成在庫を処分したがる時期なのです」

 新築から1年以上が経過したマンションは“新古”として扱われる。売れ残った物件は、不動産会社も在庫として持て余している。

「5%の値引き交渉は当たり前として、企業によっては10%以上の値引きに応じるところもあります。値引き交渉は恥ずかしがらず堂々と自分の意思を伝えるのがポイントです。例えば5000万円のマンションなら、『予算は4200万円しかありません。ただ、どうしてもこの物件を購入したいので、800万円値引きしてくれませんか?』などと具体的な金額を営業マンに提示しましょう。もし担当の営業マンが500万円までしか値引きの“枠”を持っていないとしても、販売会社が在庫処分を急いでいたら、上司の決裁で“枠”以上の値引きも期待できます。狙い目は大規模で売れ残りが多いマンション。住宅情報サイトなどで分譲戸数などを調べてみるといいでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る