ユーチューバーも愛用 茨城発のスグれもの塗料って何だ?

公開日: 更新日:

 大地震が頻発する日本で、今、社会問題になっているのが高度成長期に造られた高速道路や橋、ビルなどの劣化だ。国もこの問題に対応しようとしているが、サビで腐食した鉄や劣化したコンクリートの再生、延命に、「塗料」が大きな役割を果たしていることは意外と知られていない。

 老朽化したインフラの修繕などに使われる「機能性塗料」を作る企業が茨城県にある。機能性塗料とはどういうものか。開発・販売をしている株式会社「染めQテクノロジィ」SD統括部長の番場万有美氏に話を聞いた。

「弊社の塗料は単に色を塗るだけのものではなく、サビ取りせずにそのまま上から塗れる防錆塗料や、ひび割れたコンクリートを強化する塗料などです。独自のナノ技術(1ナノ=10億分の1)によって強力な密着力を発揮します」

 レストランの厨房の床は傷みやすく、修繕に数日かかっていたが、この塗料によって閉店後の作業でも翌朝からの営業が可能になった。そのため、高級ホテルのレストランをはじめ、大手外食チェーンでも利用されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  3. 3

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「ボイパのおっくん」も擁立 立民“プチ有名人”作戦の吉凶

  7. 7

    テレ朝vs日テレで勃発 若貴兄弟“和解特番”争奪戦の行方

  8. 8

    MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

  9. 9

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

  10. 10

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る