堅実な家計を圧迫する可能性も…“無理な貯金”は絶対しない

公開日: 更新日:

 早くお金を貯めたくて、生活費などを削ってみたけれど、途中で挫折した。そんな人、そんな世帯は意外に多い。

 埼玉県和光市に住む会社員の鈴木稔氏(46)は、挫折組のひとりだ。世帯年収は700万円を超えているにもかかわらず、見事に失敗した。

「昨年、長男が大学に入学し、来年には次男が大学に入る予定です。そんな事情で、5年前に貯蓄額を増やしました。月平均10万円前後の貯蓄を20万円にしたのです」

 毎年コンスタントに120万円前後の貯蓄をするなど、極めて堅実な家計運営だ。ところが、鈴木家の貯蓄総額は、240万円しかなかった。住宅ローンの繰り上げ返済をしていたからだ。子供たちの教育資金を増やすことと、住宅ローンの繰り上げ返済を同時に行うために、貯蓄額を2倍にした。

「毎月20万円を貯蓄に回すために、食費や光熱費、私や妻の小遣いを削ったのですが、生活費が足りなくなることが増えてしまいました。私は小遣いが足りず、クレジットカードを使うことが増え、カードローンでお金を借りるなど、家計が火の車になってしまったのです」(鈴木氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る