新田ヒカル
著者のコラム一覧
新田ヒカルスマホ評論家・マネー評論家

1974年、横浜生まれ。テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」、フジテレビ「スーパーュース」などにテレビ出演。多数。東証、大証でも講演している。

異常にお得な「スマホ決済」各社還元額の“上限”に注目せよ

公開日: 更新日:

 急速に存在感が増しているスマホ決済サービス。各社が覇権を握ろうと、異常なまでにお得なキャンペーンが多数行われている。

 ソフトバンクが提供している「PayPay」は、5月31日まで、支払金額の最低10%、最大20%が還元される。ファミリーマート、ローソン、松屋、ビックカメラ、ヤマダ電機などでの買い物が対象だ。20%還元を受ける条件は、Yahoo!マネー/ウォレットとPayPayを連携させればよい。注意点としては、「1回の支払いにおける付与は1000円相当まで、キャンペーン期間中の付与合計額は5万円相当まで」と上限が設定されている点。高額な買い物を1回するよりも、5000円分の買い物を50回したほうが、還元額が大きくなる。

 LINE社が提供する「LINE Pay」は4月17日まで、ビックカメラ、コジマ、ソフマップで最大20%還元される。還元率はLINE Payをどれだけ使っているかによって変わるが、最低還元率でも18・5%と高い水準だ。キャンペーン期間中の付与合計額3000円まで。こちらは1回当たりの還元額に上限はないため、1万5000円程度の買い物まで無駄なく還元される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  9. 9

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

  10. 10

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

もっと見る