藤井聡
著者のコラム一覧
藤井聡京都大学大学院工学部研究科教授

1968年、奈良県生まれ。。ニューディール政策等についての安倍晋三政権内閣官房参与に2012年着任、10%消費税増税の深刻な問題を指摘しつつ2018年12月28日に辞職。著書に『経済レジリエンス宣言』(編著・日本評論社)『国民所得を80万円増やす経済政策──アベノミクスに対する5つの提案 』『「10%消費税」が日本経済を破壊する──今こそ真の「税と社会保障の一体改革」を』(いずれも晶文社)など多数。

<12>MMT(現代貨幣理論)から見た「消費増税」凍結論

公開日: 更新日:

 昨今話題のMMT(Modern Monetary Theory=現代貨幣理論)。日本国内で紹介され始めた当初、「財政赤字を無制限に許容するトンデモ理論」と揶揄されることが多かったが、筆者も含めた複数の論者がネット上で記事を配信し、国会でも西田昌司議員らが総理や財務大臣にMMTについて質問を繰り返しているうちに、じょじょにその概要が世間一般にも理解されるようになってきた。

 その概要というのは次のようなものだ。

■税収に基づく財政規律では経済が疲弊する

【MMTの政策的定義】
 国債発行に基づく政府支出がインフレ率に影響するという事実を踏まえつつ、『税収』ではなく『インフレ率』に基づいて財政支出を調整すべきだという新たな財政規律を主張する経済理論。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  3. 3

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  4. 4

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  5. 5

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  6. 6

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  7. 7

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  8. 8

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  9. 9

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  10. 10

    日米安保破棄を示唆 トランプ発言の狙いは日米貿易交渉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る