柏木理佳
著者のコラム一覧
柏木理佳生活経済ジャーナリスト

1968年生まれ。生活経済ジャーナリスト。城西国際大学院国際アドミニストレーション研究科准教授。MBA(経営学修士)取得後、育児中に桜美林大学大学院にて社外取締役の監査・監督機能について博士号取得。香港、シンガポール、豪州、中国に滞在し、世界15カ国の人と働いた経験を持つ。著書は「デキる女にはウラがある」(あさ出版)など多数。

医療費削減なら“高校卒業まで負担ゼロ”区市町村に引っ越す

公開日: 更新日:

 子供の多い家庭は、家計簿に医療費の予算を入れておくことが大切です。そして医療費のお得な行政、住む街をしっかり選びましょう。それだけで年間100万円以上も出費に差が出ることがあります。

 未就学児は医療費無料の区市町村が多いですが、年齢が上がるにつれて実費が増えます。

 病気がちな双子の母、高橋玲奈さん(仮名・39歳)は、将来は医療費の出費がかなりかかると予想し、小学生まででなく、高校生まで無料の地域に引っ越しました。医療費は小学3年生までしか無料ではない行政も多い中、中学や高校卒業まで無料のところもあります。

 東京では、文京区や中野区などが中学生まで無料です。最近は、神奈川県相模原市、千葉県船橋市などのように、小学生までだった助成対象を中学生まで拡大しているところが増えています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る