電子書籍よりあえて「紙の本」での読書が増えている理由

公開日: 更新日:

■iPhoneなどのガシェットも高く売れる

 出品する際、定価1800円の本なら1400円、1500円の本なら1000円~1200円で値づけすることが多いという。メルカリの場合、販売手数料10%、そこに送料が200円ほどかかるので、定価1500円の本が1200円で売れた場合、手残りは880円ほど。実質620円で読書が楽しめたことになる。古書店だと新刊でもこの価格で買い取ることはほぼない。おかげで少し気になる本でも躊躇せずに買うようになったという。

「売れた代金をメルカリから自分の口座に出金する際、1万円以下だと210円の手数料が取られるので、1万円以上になるまでそのままにしている人が多いと思います。メルカリ内にデポジットされているお金はポンイトとして使えるので、本を発送するための梱包材を購入するのに使ったりしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る