新田ヒカル
著者のコラム一覧
新田ヒカルスマホ評論家・マネー評論家

1974年、横浜生まれ。テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」、フジテレビ「スーパーュース」などにテレビ出演。多数。東証、大証でも講演している。

米中摩擦のHUAWEIに加えてiPhoneの買い替えも様子見が得策

公開日: 更新日:

 話題のHUAWEIスマホは、様子見・買い控えムードになっているが、実は今の時期、iPhoneも様子見がおすすめだ。

 HUAWEIスマホが米中の貿易摩擦に巻き込まれた一方、iPhoneを販売するAppleも、クアルコム社の特許使用料を巡る訴訟争いがあったのだ。

 かつてのiPhoneにはクアルコムの通信モジュールが使用されていたが、訴訟争いの影響で、最近発売された「iPhone X」「iPhone XS」などは、インテル通信モジュールが使用された。しかし、インテルのモジュールは、クアルコムのものと比べ若干、性能が低く電波の感度が弱い。クアルコムのチップには一歩譲ってしまうのだ。

 しかし、この訴訟争いも一段落し、今年に発売される「iPhone XI」は、クアルコムのモジュールが復活するといわれている。スマホにとって高い感度で電波を受信することは非常に基本的かつ重要な機能。もし買い替えるなら、クアルコムのモジュールを搭載したiPhone XIがオススメだ。発売は9月の可能性が高い。筆者もあと3カ月待って最新型のiPhone XIに買い替える予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い