新田ヒカル
著者のコラム一覧
新田ヒカルスマホ評論家・マネー評論家

1974年、横浜生まれ。テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」、フジテレビ「スーパーュース」などにテレビ出演。多数。東証、大証でも講演している。

“発煙”事故のリスクも…安価なモバイルバッテリーは要注意

公開日: 更新日:

 先週、電車内でスマホ用のモバイルバッテリーが発煙し、女子高校生がやけどを負うニュースがあった。

 スマホは今やライフラインとなっており、使用頻度が高い人は充電切れ対策として、モバイルバッテリーを持ち歩くことが必須になっている。

 近年、小さなバッテリーに大きなエネルギーを蓄電する技術が進んだがゆえ、事故の際の被害も大きくなってしまう。

 今年2月から安全基準を満たしたPSEマークの付いていないモバイルバッテリーは発売禁止となったが、実際はPSEマークが付いていない製品も多く出回っているという。モバイルバッテリーは海外のさまざまなメーカーも製造しているが、事故を防ぐために、できるだけ信頼度が高い国内メーカーの製品を選びたい。または、米Anker(アンカー)社は日本ではあまり知られていないが、大きなシェアを占めていて安心でき、価格も手頃でオススメだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  10. 10

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る