藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

人材難で業績拡大 新人社員研修に強い「アルー」に期待

公開日: 更新日:

 先週も東京株式市場は、不安定な相場が続きました。米パウエルFRB議長の利下げを示唆する発言からNY株式市場は反発に転じましたが、米利下げは、日米の金利差縮小につながり、ドル安円高傾向になってしまいます。

 円高は企業業績に悪影響を与えるので、外需関連株は買いづらい状況がしばらく続きそうです。そのような相場展開の中では、為替相場や米中通商摩擦に左右されにくい内需の小型成長株が相対的に注目されそうです。

 今回ご紹介するのは、大企業向けの人材育成研修事業のアルー(7043、東証マザーズ=投資金額約9万円)です。

 働き方改革と少子化で、新入社員の獲得コストは、高騰しています。そんな中、せっかく獲得した新入社員が、入社後すぐに辞めてしまう傾向があります。

 人材難にある企業は、入社後すぐに辞めた人材を、第2新卒として採用することが多く、転職先が容易に見つかるのが、その要因のようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  6. 6

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  10. 10

    ストロボが当たっているはずなのに“襟の奥”がほぼ見えない

もっと見る