投資5年31歳で資産6億円を築いた元勤務医のスゴ腕<後編>

公開日: 更新日:

医師・中村康宏さん

 勤務医の職を捨て、最新の予防医学を学ぶために海外留学を決意。留学資金と帰国してからの開業資金を不動産投資などで稼ぎ、投資を始めてわずか5年で資産6億円を達成した中村さん。だが出だしは最悪だった。

  ◇  ◇  ◇

「2014年の秋も深まったころ、初めて不動産を買おうと決めました。投資の本を読み漁り、よしやるぞ! と意気込んで銀行に行ったのですが、まさかの融資拒否。以前にクレジットカードで延滞があって、ブラックリストに載っていたんです」

 諦めきれない中村さん。知り合いのツテなど片っ端から不動産会社に「(個人信用情報には)黒三角(延滞履歴の印)があるが、どうしても(不動産を)買いたい」とメール。しかし、戻ってきたのは“無理です”の返事ばかり。それでもしつこく送り続けた結果、ついに「できる」という返事が来た。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る