山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

親子上場解消のカジ切る「豊田自動織機」割安放置の危うさ

公開日: 更新日:

 不動産・ホテル運営のユニゾホールディングスの争奪戦が契機となり、日本で敵対的買収が活発化する可能性が高まってきた。すでに東証の上場不動産投資信託(REIT)市場では、さくら総合リート投資法人を巡る争奪戦も起きている。

 これは同業のスターアジア不動産投資法人が敵対的買収に動いているのに対し、三井物産が主導する投資法人みらいがホワイトナイト(白馬の騎士)となり、友好的買収(両者の合併)を提案。また、東証1部市場でも割安に放置された含み資産株の見直し買いが始まっている。

 豊田自動織機(6201)はトヨタ自動車の源流企業で、トヨタグループの持ち株会社的存在。トヨタ自株を2億3846万株(発行済み株式の7.2%)を保有し、これだけでも時価にして約1兆6000億円に上る。同社の時価総額は1兆9000億円のため、トヨタ自の持ち株だけで、その8割に相当するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る