物価も家賃も高い新宿で昼288円の激安食堂が成り立つワケ

公開日: 更新日:

 料理を2品以上頼めば、何杯飲んでも焼酎は無料――こんな「居酒屋革命」をプロデュースして注目されたのが天野雅博さん(51)だ。現在は東京・新宿で激安食堂を経営し、またまた話題になっている。

■他店が高すぎるだけ。ウチが適正価格です

 とにかく値段がすごい! ご飯、味噌汁おかわり自由の日替わり定食が288円! なぜ、こんな価格が可能なのか?

 天野さんは、2014年から東京・新宿で飲食店を自ら経営。昼に弁当を作って販売すると、これがバカ売れし、それを機に店名などを変え、現在は昼夜営業+弁当屋の「定食酒場食堂」に落ち着いている。ランチが288円、夜はおまかせ料理と飲み放題で3000円といった激安価格が客を呼んでいる。

「50歳が近づいて、人生も終盤。人生70歳までだとしたら、これから20年続けられる仕事は何かな、と考えてできたのがこの店でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る