物価も家賃も高い新宿で昼288円の激安食堂が成り立つワケ

公開日: 更新日:

 料理を2品以上頼めば、何杯飲んでも焼酎は無料――こんな「居酒屋革命」をプロデュースして注目されたのが天野雅博さん(51)だ。現在は東京・新宿で激安食堂を経営し、またまた話題になっている。

■他店が高すぎるだけ。ウチが適正価格です

 とにかく値段がすごい! ご飯、味噌汁おかわり自由の日替わり定食が288円! なぜ、こんな価格が可能なのか?

 天野さんは、2014年から東京・新宿で飲食店を自ら経営。昼に弁当を作って販売すると、これがバカ売れし、それを機に店名などを変え、現在は昼夜営業+弁当屋の「定食酒場食堂」に落ち着いている。ランチが288円、夜はおまかせ料理と飲み放題で3000円といった激安価格が客を呼んでいる。

「50歳が近づいて、人生も終盤。人生70歳までだとしたら、これから20年続けられる仕事は何かな、と考えてできたのがこの店でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る