山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

商船三井との親子上場廃止の条件揃う「ダイビル」に注目

公開日: 更新日:

 米中貿易協議の再開が決まり、日経平均は先週、1カ月ぶりに2万1000円の大台を回復。中国株も上海総合株価指数が2カ月ぶりに一時3000ポイントの大台を回復した。

 5月の10連休中に米中協議が決裂した際は、NYダウは史上最高値近辺で推移していた半面、上海指数は事前に1割近く下げていた。それだけに、中国株が上がっている今回は中国政府も本気で貿易協議の合意を目指す腹づもりなのだろう。

 ただ、そうだとしても、日本は消費増税を来月に控えている関係で、どうしても景気の下ブレ懸念がつきまとう。米中貿易戦争で企業業績は相当に悪化しているから、消費増税がダブルパンチになるのは目に見えている。国内の投資家や企業経営者の投資マインドが、本格的に回復するまでには相当時間がかかるだろう。

 また、仮に米中貿易協議が合意したとしても、その効果が業績に反映されるのは来年度以降だ。もちろん、米中協議は再び決裂するリスクもある。そう考えると、米中貿易協議に期待して売られ過ぎた輸出関連を買うよりは、にわかに活気づいてきたM&A関連株を狙う方が現実的ではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る