山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

商船三井との親子上場廃止の条件揃う「ダイビル」に注目

公開日: 更新日:

 米中貿易協議の再開が決まり、日経平均は先週、1カ月ぶりに2万1000円の大台を回復。中国株も上海総合株価指数が2カ月ぶりに一時3000ポイントの大台を回復した。

 5月の10連休中に米中協議が決裂した際は、NYダウは史上最高値近辺で推移していた半面、上海指数は事前に1割近く下げていた。それだけに、中国株が上がっている今回は中国政府も本気で貿易協議の合意を目指す腹づもりなのだろう。

 ただ、そうだとしても、日本は消費増税を来月に控えている関係で、どうしても景気の下ブレ懸念がつきまとう。米中貿易戦争で企業業績は相当に悪化しているから、消費増税がダブルパンチになるのは目に見えている。国内の投資家や企業経営者の投資マインドが、本格的に回復するまでには相当時間がかかるだろう。

 また、仮に米中貿易協議が合意したとしても、その効果が業績に反映されるのは来年度以降だ。もちろん、米中協議は再び決裂するリスクもある。そう考えると、米中貿易協議に期待して売られ過ぎた輸出関連を買うよりは、にわかに活気づいてきたM&A関連株を狙う方が現実的ではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る