山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

軒並み高の銀行株「栃木銀行」上場企業の中で最も割安水準

公開日: 更新日:

 今月6日、SBIホールディングス(HD)が島根銀行と資本・業務提携し、グループで34%出資すると発表した。SBIHDの北尾吉孝社長が先月ぶち上げた「第4のメガバンク構想」を実現するための第一歩となる。

 これに刺激されて、先週から地銀を含めた銀行株全体が軒並み高となっている。すでに福島銀行や栃木銀行、筑波銀行などの上昇率が2割を超えたほか、りそなHD、三菱UFJFGなども10%を超える上昇率となった。銀行株は2015年の戻り高値をピークに4年近く下げ相場が続いていただけに、この好材料がターニングポイントになる可能性が出てきた。

「第4のメガバンク構想」とは一体何か。

 まず、SBIグループが親会社となって共同持ち株会社を設立。そこに複数の地銀を取り込んで地域金融機関を一体的に蘇らせ、地方創生につなげるという大風呂敷のプロジェクトである。共同持ち株会社には対象となる地銀も相互出資し、ほかに内外の機関投資家らから出資を募る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  5. 5

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  8. 8

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  9. 9

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

  10. 10

    クジで痛い目にあいたくない球団が入札で狙う社会人投手の名前

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る