りそなHD社長 地銀の資産運用ビジネスを支援する考え示す

公開日: 更新日:

 りそなホールディングス(HD)の東和浩社長は、資産運用ビジネスを通じ地方銀行の収益強化を支援する考えを示した。システムや運用商品を提供する。低金利で厳しい収益環境が続く中、りそなHDも手数料収入の拡充を図る。

 東氏は地域金融機関との連携について「資本提携は時間がかかる。業務面で互いにメリットがあることは早くやっていける」と話した。

 具体的には、顧客から一任を受けて資産を運用する「ファンドラップ」について、地銀が自行の口座で販売・運用状況を管理できるシステムを構築し、提供する。すでに「地域金融機関から声がかかっている」と言い、「来秋ごろには販売したい」と強調した。

 傘下のりそな銀行などは2017年2月にファンドラップの販売を開始。

 東氏は「りそな銀行は年金運用を手掛けており(長期分散投資の)ノウハウがある」とし、運用力に自信を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

もっと見る