中江滋樹
著者のコラム一覧
中江滋樹「投資ジャーナル」元会長

「投資ジャーナル」元会長。1954年、滋賀県近江八幡市生まれ。県立彦根東高校卒業。一時「兜町の風雲児」として注目されたが、1985年、7000人余りから580億円をだまし取ったとされる詐欺事件が発覚。首謀者として逮捕され、懲役6年の判決を受ける。その後、表舞台から姿を消し、一時死亡説も流れた。

独特だった「投資ジャーナル」の人心掌握術 そのヒントは

公開日: 更新日:

 ここで、中江の人心掌握術について語ってもらう。投資ジャーナルは最盛期、関連会社200社、社員3000人にまで膨らんだからだ。

「ボクは会社の組織を“柱制度”と呼んでいた。当然、ボクが大黒柱で、その周りに一定の条件を満たした社員を“柱”と認定して50人選んだ。その“柱”にはノルマを与えて、ノルマをこなすことによって会社が成り立つということを分かりやすくした。取締役といってしまうと、サラリーマン重役になってしまうからそれぞれに責任感を持たすために“柱”と表現した」

 投資ジャーナルが東京に進出して社員の数も急激に増え、中江ひとりでは組織の隅々まで目が行き届かなくなってきた。そんな時に“柱制度”を思いついたのは、京セラの稲盛和夫名誉会長が編み出した「アメーバ経営」からヒントを得たという。

「アメーバ経営」とは、会社の採算部門を6~7人の小さな集団組織に細分化し、独立採算で運営する経営戦略である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る