「楽天市場」崖っぷち 出店者が反旗翻し公取委に申し立て

公開日: 更新日:

 通販サイト「楽天市場」の出店者らが、楽天に対し反旗を翻した。

 楽天は購入額3980円以上の送料を沖縄や離島を除き一律無料にする計画で、来年3月からの導入を予定。送料を負担するのは店側で、商品によっては赤字を強いられる。そのため出店者らが、独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」に当たるとして、公正取引委員会に調査を求めたのだ。楽天との交渉に向け組合組織の設立準備にも入ったという。

 楽天側は「利用者の獲得や購買額の増加が期待でき、長期的には店側に多くの利益を還元できる」と主張するが、この話、コンビニオーナーが本部に対し、24時間営業やフランチャイズ契約の見直しを訴えた一件を思い出させる。

「負担を押し付けられる出店者が反旗を翻す気持ちは理解できる。通販サイトが楽天1強の時代は、出店者は従うしかなかったが、LINEと経営統合したヤフーのショップなど出店先の選択肢は他にもある。条件闘争になるのは当然です」(「経済界」編集局長・関慎夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る