小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

公開日: 更新日:

若者でも面白いクルマが出れば買う

 筆者も選考委員を務める今年を象徴するクルマ選び=日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)がまたまた決まった。それはトヨタRAV4。今年3年ぶりに日本マーケットに出戻った新車であり、そういう意味では非常に喜ばしい。

 ただし、今年4月に復活し、4月〜9月の半年間日本セールスは3万9299台とそれなりだが、ランキングにして13位と目覚ましく売れたわけではない。社会現象になったというほどでもない。

 それよりイマドキ背高ノッポの軽自動車やミニバンばかりが売れる、クルマに冷めたニッポンで、20〜30代の若者にアクティブなSUVを売った事実が大きい。若い奴らでも、面白いクルマが出ればクルマを買うのである。

 それと一般にはさほど知られてない偉大さも評価されている。それはRAV4が、今や世界で一番売れる日本車であるという事実だ。具体的には17年に811万台、18年に839万台も売り、19年は900万台、20年にはもしや1000万台超え!も叫ばれている。

 正直とてつもない数字だ。なにしろマツダが年間160万台、スバルが100万台前後売れるわけで、1台にしてスバル一社分をほぼカバーするわけである。オールトヨタでも年間セールスほぼ1000万台をだから1台で1割をカバーする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る