小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

公開日: 更新日:

若者でも面白いクルマが出れば買う

 筆者も選考委員を務める今年を象徴するクルマ選び=日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)がまたまた決まった。それはトヨタRAV4。今年3年ぶりに日本マーケットに出戻った新車であり、そういう意味では非常に喜ばしい。

 ただし、今年4月に復活し、4月〜9月の半年間日本セールスは3万9299台とそれなりだが、ランキングにして13位と目覚ましく売れたわけではない。社会現象になったというほどでもない。

 それよりイマドキ背高ノッポの軽自動車やミニバンばかりが売れる、クルマに冷めたニッポンで、20〜30代の若者にアクティブなSUVを売った事実が大きい。若い奴らでも、面白いクルマが出ればクルマを買うのである。

 それと一般にはさほど知られてない偉大さも評価されている。それはRAV4が、今や世界で一番売れる日本車であるという事実だ。具体的には17年に811万台、18年に839万台も売り、19年は900万台、20年にはもしや1000万台超え!も叫ばれている。

 正直とてつもない数字だ。なにしろマツダが年間160万台、スバルが100万台前後売れるわけで、1台にしてスバル一社分をほぼカバーするわけである。オールトヨタでも年間セールスほぼ1000万台をだから1台で1割をカバーする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  10. 10

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る