シルバーウッド 下河原忠道社長<1>尊敬する父の勧めで入社

公開日: 更新日:

 千葉県船橋市の住宅街にある「銀木犀」には午後、学校帰りの子供たちが次々にやってくる。入り口には昔懐かしいお菓子が並ぶ駄菓子屋。おばあちゃんが店番をする。一歩中に入ったロビーには、いくつものテーブルがあり、子供たちが宿題を広げたり、おばあちゃんやおじいちゃんとおしゃべりをしている。そこかしこで、にぎやかな笑い声が上がる。

 銀木犀が何たるかを知らない人にとっては、「ここは一体?」と戸惑う光景かもしれない。実は銀木犀は、入居率ほぼ100%、全国でもトップクラスの人気を誇るサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)だ。入居者には認知症の人も少なくないが、「認知症とは〇〇〇」という思い込みを排除したサ高住として注目を集めている。ここをつくり出したのが、「シルバーウッド」社長の下河原忠道だ。

 東京都出身の下河原は長男として生まれた。父親は鉄鋼会社を経営。超多忙で、ほとんど家にいなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る