シルバーウッド 下河原忠道社長<1>尊敬する父の勧めで入社

公開日: 更新日:

 千葉県船橋市の住宅街にある「銀木犀」には午後、学校帰りの子供たちが次々にやってくる。入り口には昔懐かしいお菓子が並ぶ駄菓子屋。おばあちゃんが店番をする。一歩中に入ったロビーには、いくつものテーブルがあり、子供たちが宿題を広げたり、おばあちゃんやおじいちゃんとおしゃべりをしている。そこかしこで、にぎやかな笑い声が上がる。

 銀木犀が何たるかを知らない人にとっては、「ここは一体?」と戸惑う光景かもしれない。実は銀木犀は、入居率ほぼ100%、全国でもトップクラスの人気を誇るサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)だ。入居者には認知症の人も少なくないが、「認知症とは〇〇〇」という思い込みを排除したサ高住として注目を集めている。ここをつくり出したのが、「シルバーウッド」社長の下河原忠道だ。

 東京都出身の下河原は長男として生まれた。父親は鉄鋼会社を経営。超多忙で、ほとんど家にいなかった。

「だけど、一つ一つの交流を大切にしてくれた。父親から受けたのは、『自分でやる』という教育。母親も父親の仕事を手伝って家にいない時が多かったんだけど、僕たちへの愛情が強く優しい人でね。団地の11階に住んでいたんだけど、『ママとどっちが先に下に着くか勝負ね』って、母親はエレベーターで、僕は階段で下りるんです。必ず母親が負けてくれてね。うれしかったなあ。『お父さんは素晴らしい人なのよ。お父さんのおかげで、こうして暮らせるのよ』が口癖でしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍