藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

暴落の次は金融緩和 不動産会社の「ラ・アトレ」に追い風

公開日: 更新日:

 先週は、新型コロナウイルスがイタリア・韓国で感染が拡大し、NYダウは、過去最高の下げ幅を記録するなど、世界株式市場は一気に暴落してしまいました。

 日本国内ではイベント・集会の自粛が要請され、プロ野球のオープン戦は全試合無観客、サッカーJリーグが公式戦を延期するなど感染防止対策に躍起になっています。当然、経済には大きな悪影響となっています。今後の景気対策として、世界的な金融緩和の流れとなっており、米10年国債の利回りが急低下しています。日本でも、日銀の更なる金融緩和に期待です。

 今回は更なる金融緩和・金利低下が、大きな追い風となる企業をご紹介しましょう。再生不動産、新築不動産、不動産賃貸の“3本の矢”を持つ総合不動産会社のラ・アトレ(8885、東証ジャスダック=投資金額約8万円)です。

 現在の時価総額は約43億円。同規模の不動産会社は得意分野に特化した企業が多いのですが、不動産市況に左右され難く、安定的な高成長を目指して、3分野で高収益ビジネスを展開しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

もっと見る