欧米市場大荒れNY株約256ドル安 上場企業は軒並み下方修正

公開日: 更新日:

 収束が見えない新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な景気後退への懸念から欧米の株式市場は大荒れとなった。

 6日のNY市場はダウ平均が大幅に続落して始まり、下げ幅は一時、900ドル近くまで拡大。終値は256・50ドル安の2万5864・78ドルとなった。米労働省が同日発表した2月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月から27万3000人増加し、好調の目安とされる20万人を上回ったが、コロナショックを織り込んでいない数字のため市場の不安を拭えなかった。

 ダウ平均は今週、1000ドル前後の上げ下げを繰り返し、終値は暴落した前週末よりは455ドル高と値を戻したが、今後も波乱の展開となりそうだ。

 NY市場より早く始まった欧州株式市場も、主要指数が大幅下落した。ロンドンFT100は前日比242・88ポイント安の6462・55で、約3年8カ月ぶりの安値水準。ドイツ・フランクフルトのクセトラDAX指数は402・85ポイント安の1万1541・87で、約7カ月ぶりの安値で引けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  4. 4

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  5. 5

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  8. 8

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  9. 9

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  10. 10

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

もっと見る