FRB緊急利下げで不安増幅 東証は押し目買いもあり小反発

公開日: 更新日:

 新型コロナ禍をめぐるFRB(米連邦準備制度理事会)の緊急利下げがかえって不安を増幅させた。

 3日のダウ平均株価は前日比785・91ドル安の2万5917・41ドルで引けた。下げ幅は一時900ドルまで拡大した。米市場の流れを受け、4日の日経平均株価は前日終値比185円53銭安で寄り付いた。終値は同17円33銭高の2万1100円06銭と反発して引けた。

 FRBは3日(現地時間)、緊急のFOMC(連邦公開市場委員会)を開き、コロナ禍による景気悪化を警戒し、政策金利を0・5%引き下げることを全会一致で決定。FRBが定例会合以外で利下げを決めたのは、リーマン・ショック直後の2008年10月以来、11年5カ月ぶり。

 一方、トランプ米大統領はコロナ禍をめぐる緊急対策予算について、政権が当初想定した額の3倍以上に当たる85億ドル(約9100億円)規模に達する可能性があるとの見方を示した。予算とは別に、給与から10万ドル(約1070万円)を保健当局に寄付するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  4. 4

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  7. 7

    高齢者には難解…何かと横文字を使いたがる政治家の心理

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  10. 10

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<中>

もっと見る