ホテイフーズ<下>こだわり続ける「やきとり缶詰」の炭火

公開日: 更新日:

 今年で発売50年になるホテイフーズ(本社・静岡県)の「やきとり缶詰」(たれ味と柚子こしょう味の2種)が昨年10月に宇宙日本食に認証された。

 今年3月2日には「やきとり塩レモン味」を投入。一番人気の「たれ味」は「やきとり缶詰」の65%を占める。次が「塩味」で20%、「柚子こしょう味」は7~8%。それ以外に「うま辛味」「ガーリックペッパー味」がある。

「やきとり缶詰」のほか、ツナ缶やフルーツ缶、パウチ商品(ふかひれスープなど)を扱い、売上高は236億円(2017年度)。創業は1933年でツナ(マグロ)・みかん缶を製造し、米国や英国に輸出していた。今でこそ、日本人はツナ缶を好んで食べるが、当時、食卓に上ることはなかった。そのため欧米へ輸出していたのだ。

 静岡県の清水港はマグロが大量に水揚げされる。港は輸出拠点にもなるので、近隣に缶詰工場が次々と建設されていった。「シーチキン」でおなじみのはごろもフーズや、カレーの缶詰が人気のいなば食品も静岡県に本社を置く。静岡は缶詰王国で、缶詰の国内生産量のシェアは33%とトップ。2位青森県(11%)の3倍だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る