文筆家・古谷経衡氏が提案「ラブホテレワーク」のメリット

公開日: 更新日:

昼間仕事にピッタリのサービスタイム

 経歴10年以上という“プロテレワーカー”の文筆家・古谷経衡氏が提案するテレワーク場所は意外なことに「ラブホテル」。ラブホ巡りをライフワークとし、“ラブホ評論家”の顔も持つ。ラブホで数々の執筆などの仕事をしてきた。

 ◇  ◇  ◇

「ラブホがテレワークに適しているのは、会社勤めの人が仕事をする時間帯に、安価で部屋を貸し出しているからです。ラブホは基本的に、利用時間2~3時間の『休憩』、朝から夕方までの『サービスタイム』、夜からの『宿泊』という3本柱で成り立っています。『サービスタイム』はだいたい午前6時から午後6時まで。都内でも平日4000~5000円で利用できます。男性1人でも問題なく入れます。ラブホ活用の認知度はまだ低いですが、機材を持ったテレビ局のADさんらしき姿なども見かけます」

 サービスタイムはもともと、朝まで遊んで夕方まで寝るという夜型人間のために作られたが、昼間の仕事にもピッタリ。さらに、感染予防の観点からもメリットがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  6. 6

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  7. 7

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  8. 8

    五輪優先に選手特権…コロナ敗戦は例を見ない深刻なものに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る