藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

「アジャイルメディア・ネットワーク」個人別動画配信が興

公開日: 更新日:

 先週は、新型コロナウイルスの感染者数が東京都で1日に200人以上や、九州を中心に大雨の被害もありましたが、東京株式市場は意外なまでに堅調でした。上値は重いものの、下値も堅く、高値圏のもちあいが続いています。

 東証マザーズ指数は、25日移動平均線に上値を抑えられ、1000ポイント付近で小幅の値動きとなっています。どこかで一気に上抜けしそうな状況でしょう。

 今回ご紹介するのは、企業や商品・ブランドのファンである「アンバサダー」に情報発信を促す施策を企画、運営支援しているファンマーケティングがメインビジネスのアジャイルメディア・ネットワーク(6573、東証マザーズ=投資金額約10万円)です。

 コロナ禍で、ファン向けのイベント自粛などの影響はありますが、AIカメラによる「密集・発熱・マスク着用」を検知・共有するコロナ対策サービスを開始するなど、時代が要求するサービスも提供しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  4. 4

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る