ローソンとファミマ コロナで低迷するコンビニ大手を比較

公開日: 更新日:

 商社大手の伊藤忠商事が実施したTOB(株式の公開買い付け)によりファミリーマートは同社の完全子会社になるといいます。11月にも上場廃止になるようです。

 コロナ禍でコンビニの売上高はピンチに陥っています。日本フランチャイズチェーン協会によると、7月の売上高(既存店)は前年同月比7・4%減で5カ月連続の前年割れでした。オフィス街にあるコンビニの売上高が大きく落ち込んだのが不振の原因のひとつといいます。

 今回はコンビニ大手の「ローソン」と「ファミリーマート」の社員待遇を比較してみます。

 ローソンのスタートは1975年。親会社はダイエーでした。1号店は大阪府豊中市です。2000年に三菱商事と業務提携。現在、同社はローソン株を50%保有しています。ローソングループの総店舗数は1万4500(8月末)です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

  10. 10

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

もっと見る