地域新聞社 山田旬社長<1>創業者からバトンを 2代目の素性

公開日: 更新日:

 千葉県北部、埼玉県、茨城県の一部で累計200万部のフリーペーパーを配布する地域新聞社。昨年11月に創業者からバトンを引き継いだ山田旬氏は2代目社長だ。子どもの頃から経営者になりたかったという山田氏は、第一生命から同社に転職し、15年で社長へと上り詰めた。

「創業者の次の社長を目指し、あえて小さめの会社を狙った」という、山田氏の入社時の思いが実現したのだ。紙メディア受難の時代といわれるが、地域のきめ細かな情報に特化するフリーペーパーには、まだまだ伸びしろがあるという。山田氏はどんなかじ取りを目指すのだろうか。

 山田氏は1970年、中小の建築会社を経営する父と、専業主婦の母の間に、東京・中野で生まれた。

「父親が社長だった影響か、小学生くらいから将来は独立し経営者になりたいと思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る