ターゲットは在宅勤務社員「駅ナカオフィス」の使い勝手

公開日: 更新日:

「Go To トラベル」キャンペーンの東京発着が10月1日から適用されることで、国主導で観光産業への本格的なテコ入れが行われている。しかし、需要の完全回復は新型コロナウイルス終息以降とみられているため、コロナの長期化による需要減退で著しい業績悪化が見込まれる鉄道各社は、リソースの活用で旅客以外の利用者を増やそうと躍起になっている。

 そのうちのひとつが、駅の改札内や改札外の空きスペースに設置しているテレワークブースだ。JR東日本は、今後1年で東京近郊の主要駅などに100カ所をめどにシェアオフィス拠点の設置を進めている。また、東京メトロもワークブース「ココデスク」のサービスを市ケ谷、溜池山王、六本木一丁目などの各駅でスタートさせている。料金はどちらも、15分250円で、1時間あたり1000円で利用できる。

 ウェブで会員登録や予約などが手軽にできる、こうした個室のブースタイプが人気を集めているのは、冷暖房完備で机や椅子のほか、電源や無料Wi―Fi、モニターが常備され、使い勝手がいいからだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い