ターゲットは在宅勤務社員「駅ナカオフィス」の使い勝手

公開日: 更新日:

「Go To トラベル」キャンペーンの東京発着が10月1日から適用されることで、国主導で観光産業への本格的なテコ入れが行われている。しかし、需要の完全回復は新型コロナウイルス終息以降とみられているため、コロナの長期化による需要減退で著しい業績悪化が見込まれる鉄道各社は、リソースの活用で旅客以外の利用者を増やそうと躍起になっている。

 そのうちのひとつが、駅の改札内や改札外の空きスペースに設置しているテレワークブースだ。JR東日本は、今後1年で東京近郊の主要駅などに100カ所をめどにシェアオフィス拠点の設置を進めている。また、東京メトロもワークブース「ココデスク」のサービスを市ケ谷、溜池山王、六本木一丁目などの各駅でスタートさせている。料金はどちらも、15分250円で、1時間あたり1000円で利用できる。

 ウェブで会員登録や予約などが手軽にできる、こうした個室のブースタイプが人気を集めているのは、冷暖房完備で机や椅子のほか、電源や無料Wi―Fi、モニターが常備され、使い勝手がいいからだけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る