小林佳樹
著者のコラム一覧
小林佳樹金融ジャーナリスト

銀行・証券・保険業界などの金融界を40年近く取材するベテラン記者。政界・官界・民間企業のトライアングルを取材の基盤にしている。神出鬼没が身上で、親密な政治家からは「服部半蔵」と呼ばれている。本人はアカデミックな「マクロ経済」を論じたいのだが、周囲から期待されているのはディープな「裏話」であることに悩んで40年が経過してしまった。アナリスト崩れである。

ANA年収3割削減…2003年りそな銀行“大リストラ”との共通項

公開日: 更新日:

 全日本空輸(ANA)は労働組合に人件費削減策を提案した。従業員約1万5000人の多くを占める一般職の月例賃金を一律5%カットするもので、併せて厚生年金保険料の従業員負担も3割から5割に引き上げる。ANAはすでに冬の賞与をゼロにすることや賃金の減額などで、年収を3割減らす方針を労組に提案している。さらに今月14日から退職金を割り増しする希望退職の募集も開始した。従業員にとっては悪夢のような内容だ。

 この一連の大リストラ策について、あるメガバンクの幹部は、「菅義偉首相が言う自助、共助、公助のうち、まず自助を求めているということですね。コロナ禍の影響による減便もありANAは毎月600億円前後の資金が出ていっている。1兆円規模の融資枠もあり、当座の資金繰りは問題ないが、現在の苦しい状況が続けば、いずれ資本を積み増す必要が出てくる。リストラはその資本供与に向けて条件整備と言っていい」と指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  3. 3

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  6. 6

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  7. 7

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  8. 8

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  9. 9

    <2>住民投票の新名称で市民が初めて知った「大阪市廃止」

  10. 10

    GoToトラベル人件費 事務局長「日当7万円」SNSトレンドに

もっと見る