日本殺陣道協会八木哲夫会<2>閉鎖の危機…CFで資金を募る

公開日: 更新日:

 サムライの教室と銘打ったチャンバラレッスンは、そのカッコ良さから外国人に受け、インスタグラムへの決めポーズ姿の写真アップがひっきりなし。インスタは世界共通のため、それを見た人がまた客となり、日本殺陣道協会にはメールや電話での申し込みが後を絶たなかった。

「プライベートコース(4人まで2万8000円)は家族連れが多く、お母さんが悪者に襲われて、それを夫や子供が助けるといった寸劇スタイルが人気を博していました」

 それがコロナ禍の影響で予約のキャンセルが相次ぎ、今は閑散とした道場で殺陣の講師陣がその腕がさびつかないように練習にいそしんでいる。

 協会で剣を振るう講師陣やアシスタントは役者や俳優としても活動している兼業スタッフ。USJで働いている人もおり、今回のコロナで仕事は減ったとはいえ、持続化給付金などを申請し、何とかしのいでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る