小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

ホンダが英断!新型N-ONEは“変わらない”モデルチェンジ

公開日: 更新日:

ホンダ N-ONE(車両価格:¥1,599,400/税込み~)

 先日、前代未聞のフルモデルチェンジが行われた。2代目ホンダNーONE。NーBOXを筆頭とするホンダNシリーズの中で、最もスタイリッシュな軽セミトールワゴンだが、ビックリすることに8年ぶりのフルモデルチェンジなのに外の鉄板部分は変わらない! 旧型とまったく同じなのだ。

 一方でクルマの骨格であるプラットフォームやエンジン、ミッションは新世代に一新。見た目はほぼ同じだが、中身は完全に新しい。厳密にはライト回りや樹脂関係は新しくなっているが、言わばパリの古めかしいマンションが、見た目は古くても中身は最新! というような変貌だ。正直筆者は、フルモデルチェンジでこんな例を聞いたことがない。

乗り心地は旧型より明らかにイイ

 実際に走らせてみると乗り心地は旧型よりも明らかにいい。ボディ骨格の高張力鋼板の使用率が高まり、剛性が高まっているのとエンジンは明らかにパワフル。特にいいのは58psで65Nmのノンターボの方で、前より確実に速くなった。燃費も上がっており、コチラの方がお買い得とは言える。

 さらに良くなったのは内装で、全体の樹脂がよりツヤっぽく上質になっているのと、ドアのひじ掛けなどは軽自動車には似つかわしくないソフトパッド採用。こんな軽も見たことがない。

 面白いのは最もスポーティーな「RS」のグレードに6MTが追加されたことで、現在の全軽自動車ラインナップの中でMTが選べるFFターボは初めて。今までは4WDターボのスズキ・アルトワークスが唯一MTを選べただけだった。

 コイツが乗ってみるとさすがに楽しい。純粋ミッドシップスポーツのホンダS660ほどのステアリングの切れはないが、コンパクトボディをキビキビ曲がるし、64馬力のターボエンジンがほどよくパワフル。

なんでこんなことしたの?と尋ねると…

 何より重要なのはノーマル、RSともに先進安全のホンダセンシングが標準装備されていることで、被害軽減ブレーキが付き、高速での追従オートクルーズやレーンキープ走行も可能になった。

 最後に「なんでこんなことをしたのか?」とエンジニアに尋ねたところ、「初代の出来がよく、ユーザーの皆さまにも愛されているので変える必要がなかった」とのこと。

 こういうことはタマにある。いわゆる“改悪”というヤツで、モデルチェンジするとかえってカッコ悪くなることがある。しかし当然目新しさは減るわけで、新規ユーザーは見込めない。

 これは間違いなく大胆な英断である。変えてカッコ悪くなるくらいならば、新鮮さを捨ててでも変えない。そして中身だけを時代に合わせてアップデートする

 果たしてこの理想主義的戦略は成功するのか? 結果を見守りたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  9. 9

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る