小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

MX-30EVモデル遂に!オシャレなマツダ初のピュアEVに乗る

公開日: 更新日:

マツダ MX-30 EV モデル(車両価格:¥4,510,000/税込み)

 話題のマツダ初の量産ピュアEV、MXー30に乗ってきた。え? MXー30って既に出てなかったっけ? と思うのはかなりのクルマ好きだ。なぜならモデル自体は昨年マイルドハイブリッド版がデビューしており、筆者も「走るデザイナーハウス」とか「美大出身のアート系女子にバカ受け」などと書きまくっていたからだ。

 そう、MXー30が面白いのは、その斬新なボディーデザインとインテリア。かつてマツダの4人乗りスポーツカー、RX-8が採用していた両側観音開きドア(同社ではフリースタイルドアと呼ぶ)搭載のユニークSUVで、インパネに珍しいコルク材やフェルト素材を使い、かつてない斬新なオシャレさを備えていたのだ。

 しかしMXー30の本当の白眉は1月デビューのこのピュアEVモデル。なぜなら内燃機関にこだわるマツダが作った初のピュアEVであり、他にはないメッセージやテイストを満載しているからだ。

走り味はあくまで滑らかさ重視

 実際のデキ映えだが、ボディーは基本ガソリンマイルドハイブリッド版と全く同じ。床下にバッテリーを搭載している分、全高が15mm上がっているが約4.4mの全長、約1.8mの全幅も変わらない。

 内外装共にグレードにもよるが、オシャレな3トーンのボディーカラーやコルクやフェルトが楽しめるインテリアも同じ。違いと言えば窓ガラスに貼られた「ELECTRIC」のステッカーとリアの「e-SKYACTIV」のエンブレムぐらいのものだ。

 しかし走り味はかなり違う。モータースペックはピークパワー&トルクが145ps&270Nmと、EVとしては並。なにより電池容量は35.5kWhと、イマドキのEVとしては少なめ。なにしろ4年前に発売済みの2代目日産リーフでさえ、標準で40kWh、大型版で62kWhの電池を搭載しているのだ。走り味も独特で、極端にクイックな電動加速を強調せず、あくまでも滑らかさを重視している。

面白さは「EVは言うほどエコではない」と認めているところ

 なによりMX-30 EV モデルの航続距離はWLTCモードで256kmと短く、実際には200km前後。正直短いが、この部分にこそマツダのEVに対する主張が表れている。基本エコと言われているEVだが、実は巨大なリチウムイオン電池を製造する時点で大量のCO2を発生するため、根本的にはそれほどエコではない。よってその後のCO2未排出走行で、製造時の排出分を取り戻す必要があり、そういう意味で「35.5kWhが適性容量」だと言うのである。

 MX-30EVの真の面白さは、独自のオシャレな内外装、滑らかな加速感以上に、「EVは言うほどエコではない」と認めているところにある。今後、ピュアEVが真に環境社会に貢献するためには、その使い方であり電池容量が重要であり、35.5kWh程度が実は適性だと言っているのだ。

 逆に言うと、他社の大容量EVは「言うほどエコではない」と主張しているわけだ。このガンコなマツダが発売したオシャレでなおかつ「意見するEV」。果たして世界でどれくらい受け入れられるかに注目である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  3. 3

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  4. 4

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  7. 7

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  8. 8

    安倍政権からの政治劣化が招いた不真面目ほど得をする社会

  9. 9

    吉村府知事ドヤ顔”手柄”自慢に現場から上がる疑問の声

  10. 10

    “汚染水”処理で頼みの綱ALPSは8年間「試験運転」のまま!

もっと見る