総務省・谷脇審議官がNTT高額接待で官房付に 事実上の更迭

公開日: 更新日:

 武田総務相は8日午前8時半から会見し、NTTによる総務省幹部への高額接待問題に関する調査の中間報告を公表した。そのうえで、谷脇康彦総務審議官を官房付に異動させる人事を発表。事実上の更迭とみられる。

【写真】この記事の関連写真を見る(24枚)

 谷脇氏と巻口英司国際戦略局長はNTTの澤田純社長らから高額の接待を受けた疑惑が浮上していた。2人はNTT側との会食の事実を認めており、武田は「いずれも国家公務員倫理規程に違反する疑いが強い」とした。

 谷脇氏の“更迭”に関しては、東北新社からの接待問題で懲戒処分を受けた際の調査で「別の違法接待の有無」を問われたにもかかわらず、「他にはない」と“虚偽答弁”したことを重く見たという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る