台湾新型通勤用車両商戦の敗因 リスクを取らない日本企業

公開日: 更新日:

台湾脱線事故で見えた 日本インフラ輸出衰退(下)

「日本の不戦敗ですよ」

 アジアの鉄道事情に詳しい専門家は台湾の新型通勤用車両商戦の敗因をこう分析する。台湾鉄路管理局(以下台鉄)の要請に対し日本企業は応じず、応札したのは韓国の現代ロテム社だけだったのだ。

 日本の車両メーカーでは日立がイギリスを中心にしたヨーロッパへ積極的に進出していっているが、親会社が鉄道各社のメーカーはおしなべて内向きになっている、という。JR東海の子会社である日本車両は台鉄に多くの納入実績を持つが、2018年に2階建て高速鉄道車両製造のアメリカ子会社の生産拠点を閉鎖し撤退した。試験用車両の強度が基準に達せず、損失が膨らんで事業の継続が困難になったためだ。また、インドネシア・ジャカルタの都市高速鉄道でも巨額の損失が発生したとも伝えられている。

 また、台湾新幹線こと台湾高速鉄道に最も多くの車両を納入した川崎重工はアメリカに生産拠点2カ所を持ち、国内他社をリードしてきたが、生産コスト増によって採算割れが生じて多額の損失を計上。18年には海外事業を抜本的に見直した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  3. 3
    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

    清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力

  4. 4
    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

    日本ハム清宮&万波スタメン外れ完封負け…改めて分かった“長距離砲”2人の存在感

  5. 5
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

もっと見る

  1. 6
    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

    山口・阿武町4630万円誤送金「元ギャンブル狂」24歳男が単身で清貧生活を送っていたワケ

  2. 7
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  3. 8
    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

    帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか

  4. 9
    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

    誤送金“使い切った”24歳無職男から「5116万円全額回収」は可能か? 月5万円返済でも85年

  5. 10
    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」

    落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」