小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

その名前ちと大胆過ぎ? いやいや、日産ノート・オーラは気の利いた小さな高級車だ

公開日: 更新日:

日産ノート・オーラ(車両価格:¥2,610,300/税込み~)

 えっ! これって本当に“あの意味”なの? 車名を聞いただけで思わず過剰な期待を集めちゃいそうなプレッシャーの大きい新車が登場した。日産ノート・オーラだ。

 語源はもちろんあの「神々しい雰囲気」「特別な存在のみが醸し出す空気」「威圧感」を表すオーラ。大元はラテン語で日本でも「あの人、オーラあるね」のように使われるが、大抵はイチローや大谷クラスのアスリート、俳優なら北野武や高倉健に対して使われるような最上級の形容詞だ。

 しかしノート・オーラは完全な新車ではなく、去年出た大衆コンパクトのイチ派生バージョンにすぎない。筆者は正直、出る前から“名前負け”確実だな……と思ったが、見て乗って開発陣の思いがヒシヒシと伝わってくるのを感じた。スーパーカーじゃあるまいし、「オーラ」ってほどの威圧感はない。ただ、確かに普通とは違うピリッと気の利いた小さな高級車ではあるのだ。

走りの高級感は確実に増した

 年末登場のノーマルノートとの違いはざっくり3つ。①専用ワイドボディ②ウッド調&ツィード調素材を使ったインテリア③ハイパワー化した日産独自の電動ハイブリッドシステム。

 見た目には左右全幅40ミリプラスのワイドフェンダー採用で、ヘッドライトもアダプティブライトシステム搭載の超薄型LED。ウィンカーも流れるタイプだし、リアコンビランプはイマドキ流行りの光るLEDガーニッシュで左右を繫いだもの。とはいえ、違いは詳しい人にしかよくわからないだろう。

 パワートレインもなかなかだ。そもそもノートは1.2ℓエンジンをすべて発電に使い、加速を電気モーターのみで行うe-POWERというハイブリッドシステムを採用。そのため加減速がピュアEV並みにスムーズなのだが、今回モーターをパワー&トルクアップさせて136ps&300Nmに。結果、発進加速の良さもさることながら、全体の動きが滑らかかつ上質になり、静粛性も格段にアップ。確かに走りの高級感は増している。

クルマとして初めて「ツィード風素材」を使用

 とはいえ、自分が一番シビれたのは内装だ。なぜならクルマとして初めて「ツィード風素材」を使っているから。実は自動車マテリアルは単純に木や本革を使えばいいってわけではない。というか、それが許されるのは1000万円前後の高級車からで、高くて300万円超えの大衆系高級車に本物素材は基本的には使えない。だがノート・オーラはその課題に果敢に挑戦、人工素材を使いつつ、リアルな感触を出すことに成功しているのだ。

 表面に微妙な凹凸感を残すウッド調パネルもさることながら、イギリス紳士が着そうなツィード素材は新しい。しかも本物のツィードは「毛織物」を意味し、編み方を含めてざっくりとした触感&質感を出すのだが、クルマの内装としてウールを使うと虫食いが発生する可能性があり、使えなかった。その壁を今回はかつてない技術で突破しているのだ。

 パッと見、オーラまでは感じないかもしれないが、開発者の想いには結構な威圧感を感じた今回の新車でありました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

    カットボールが高校野球では危険な球種になってしまう理由

  2. 2
    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

    古舘伊知郎に何が? 出演番組で言いたい放題大暴走で“困ったおじさん”化

  3. 3
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  4. 4
    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

    眞子さま渡米直前に…小室さんの履歴書「虚偽記載」疑惑、就職にそれでも影響がないワケ

  5. 5
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

もっと見る

  1. 6
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

    フワちゃん“賞味期限切れ”間近…キャラ変で目指すなら近藤春菜のMC路線か?

  4. 9
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

  5. 10
    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた

    巨人は足踏み、阪神首位キープのナゼ…「セ捕手初のMVP」中尾孝義氏に聞いた