小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

日産ノートe-POWER 4WDは意外なる伏兵スポーツ四駆だった

公開日: 更新日:

日産ノートe-POWER 4WD(車両価格:¥2,288,000/税込み~)

 最近「乗るまで本当のところはわからない」「乗って初めて真価がわかる」みたいなクルマは結構少ない。デザインとコンセプト解説でだいたいの予想がついてしまうからだ。しかし今回はそういうクルマに出会ってしまったようだ。

 日産ノートe-POWER 4WD。去年出た大衆FFハッチバックの追加グレードで、通常この手は雪道など滑りやすい路面で発進を助けるための4WD車だったりする。普段はFF=前輪駆動のみで走り、発進前後だけ後輪も駆動する。実際、先代ノートe-POWERの4WDグレードはそうだった。フロントはフル電動で確かに105psのモーターで駆動するが、リアモーターはわずか4.8ps。パワーが小さいだけでなく時速30kmまでしか走行を助けない。主に最初の滑り易い部分だけに効く4WDだ。

ハンドリングも走りも全然違う!

 しかし2代目ノートe-POWER 4WDはパワーもコンセプトも全然違う。フロントモーターが116ps&280Nm、リアモーターが68ps&100Nmのパワー&トルクを発揮し、フロントモーターと合わせると184ps&380Nmという結構な力強さ。

 通常のFFモデルより1.5倍ほどパワフルなだけでなく、ハンドリングも全く異なる。発進だけでなく中間加速、減速、コーナリングとすべての状態で後輪を絶妙に駆動させるからだ。

 事実、走り味は全然違う。発進から速いのはもちろん前輪と後輪がグッと同時に踏ん張るのが伝わってくる。驚くのはコーナリング時で、状態により絶妙に前後トルク配分を変えるから、曲がり易くなる。通常、古典的な4WDはコーナリング時にプッシュアンダーと言って曲がりにくくなるがそれがない。逆にステアリングを切った通り、オンザレールでキモチ良く曲がってくれる。

GT-Rの走りに似ているかも?

 さらに副産物がブレーキングだ。四輪に同時に回生ブレーキがかかり、アクセルをオフにした瞬間からボディーが安定する。少し大袈裟にいうとハイテクスーパースポーツ4WDの日産GT-Rの走りに似ているかもしれない。4つのタイヤ全部で効率良く加速し、止まり、曲がるのである。それもほどよく電子制御が入った状態で。

 新型e-POWER 4WDがいいのは、システムが居住スペースの邪魔をしないこと。今回の4WD化は基本リアモーターの追加だけなのでリアシート足元がプロペラシャフトで高くなることはない。

 唯一の問題は、今回の4WD化で荷室が少し狭くなることと、価格が25万円強高くなること、燃費が多少落ちることだが、雪国在住の人はもちろん、走り好きとしてもこの4WDは非常に魅力的だ。それだけ価値のある走り味なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る