小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

マツダCX-5フィールドジャーニーで大雪の東京を走る…かなりの安心度!

公開日: 更新日:

マツダCX−5 フィールドジャーニー(車両価格:¥3,234,000/税込み~)

 年始たまたま借りていたマツダのミディアムSUV、CX−5の新作特別仕様車、フィールドジャーニー。先日の東京の大雪の日に、見事返却のタイミングを迎えたので、細心の注意を払いつつプチ雪道テストを敢行した。

 フィールドジャーニーは太くガッシリしたフロントグリルや抑揚のついたバンパーなど、CX−5全体の商品改良と同時に生まれた特別グレードだ。

 主な狙いは、都会的イメージのCX−5にかつてないアウトドアイメージを持たせること。クールで流麗なマツダデザインはカッコいい反面、ドロや雪が似合わないと言われていた。しかし前述デザイン変更と同時に、フィールドジャーニー専用のボディカラーや装備を持たせ用途をひろげている。

全車オールシーズンタイヤを装着

 エクステリアはバンパーやサイドシル下部に、黒い樹脂パーツとシルバー加飾を施してタフな印象に。アルミホイールもマッドなグレーメタリック色で全車オールシーズンタイヤを装着。ボディーカラーも砂の色を模した「ジルコンサンド」を追加。山や川が似合う色合いだ。

 走りに関しては全車4WDのみでエンジンは2ℓガソリンと2.2ℓディーゼルの二択。インテリアも人工皮革と上質バックスキン風素材で覆われたシートや蛍光イエローで塗られた専用パーツを装着。

 商品改良で扱いやすくなった二重構造のラゲッジルームにも、専用の汚れに強い防水加工がなされてアウトドアムードたっぷり。

雪で多少ぬかるんだ道も安心してグイグイ

 肝心の東京の雪道だが、今回乗ったフィールドジャーニーの2.2ℓデーゼルモデルはパワー十分。ピークパワー&トルクは200ps&450Nmもあり、雪で多少ぬかるんだ道も安心してグイグイ走れる。

 気になるタイヤの滑り具合だが、標準のオールシーズンタイヤは予想以上の走破性。日陰の凍った凍結路は難しいので避けたが、それ以外の降り積もった雪道やほぼ溶けかかった積雪路も問題ナシ。

 ただし、くれぐれも注意していただきたいのは、一度溶けて夜に再び凍った凍結路。この手の道はスタッドレスタイヤ以外のオールシーズンタイヤでは荷が重い。過信せずに、通るのは避けていただきたい。

ヘビーなスキーヤーやキャンパーの選択肢に

 さらにフィールドジャーニーがいいのは、新たなドライブモードセレクトで選べるオフロードモード。これまでスタックしていた滑りやすい道でも、巧みな駆動力配分で抜けやすくなっている。

 汚れに強いシートやラゲッジも早速効果を実感。吹き込んだ雪や簡単な汚れも全然気にならなかった。

 これまでヘビーなスキーヤーやキャンパーにはワイルドなトヨタRAV4などが人気だったが、今後CX-5フィールドジャーニーももう一つの選択肢として考えてもよいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

    3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

  3. 3
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  4. 4
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  5. 5
    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

    馬淵優佳が“ゲス不倫夫”瀬戸大也を見限る日 「離婚秒読み」3つの理由を池内ひろ美氏が解説

もっと見る

  1. 6
    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

    深津絵里にバトンタッチも好調だが…「カムカムエヴリバディ」視聴率10%台の“宿命”

  2. 7
    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

    吉村知事はデルタ株の教訓生かさず…大阪府がコロナ新規感染全国ワーストになった理由

  3. 8
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 9
    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

    黒木華「ゴシップ」で編集長好演も…マスコミがムロツヨシとの結婚スクープ狙い虎視眈々

  5. 10
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」