小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

新型ゴルフGTIは速くて上質、しかも実用的! 一粒で三度オイシイ

公開日: 更新日:

フォルクスワーゲン ゴルフ GTI(車両価格:¥4,660,000/税込み~)

 クルマ好きなら一度は速くて楽しいスポーツカーと家族で乗れるファミリーカーの2台持ちがしたいと思うもの。だが、それはなかなか難しく、そんな人のための一粒で三度オイシイモデルの決定版が登場した。ドイツVWの新型ゴルフGTIだ。

 実用ハッチバックのメートル原器、VWゴルフの派生車種で今回で8世代目。見事なまでに速さと実用性と上質感を両立させている。

 今回のキモは新型ゴルフ8ベースになったGTIがどこまで進化してるかだ。

 傍目にはノーマルゴルフとさほど変わらず、要所要所にGTIのシンボルカラーの赤黒ラインが入り、ちょっとワイルドな前後バンパー、サイドスカートが備わったぐらい。もちろんタイヤは十分太めでホイール径もデカい。X字に配されたLEDフォグランプも夜は目立つ。

 しかしそうは言ってもまだまだ上品。インテリアもGTI伝統のタータンチェックのバケットシートや専用メーターが目立つくらいで後はノーマルゴルフと同じ。なにより全長4.2m台のコンパクトサイズにして大人5人が普通に座れ、380Lの十分なラゲッジ容量を確保するパッケージングはさすが。ここまでならまったくもって普通のファミリーカーだ。

速いはムチャクチャ速いが上品さも備える

 しかし走り出し、深めにアクセルを踏むとまったく別の顔を覗かせるから嬉しくなる。

 エンジンは旧型GTIから全面的にブラッシュアップした2ℓ直4ターボ。ピークパワーが15ps、ピークトルクが20Nm増して245ps&370Nmに。従来の3ℓ以上のエンジンに匹敵するパワースペックだ。

 それにコチラも進化した7速ツインクラッチのDSGギアボックスが組み合わされるのだが、シフトショックは少なく、加速は滑らか。速いはムチャクチャ速いが、同時に上品さも備えている。

 一方乗り心地は正直硬め。エンジン音も特に回した時は完璧にスポーツカー的な乾いた音色。この辺りはノーマルゴルフとは一線を画す。

 ただ、足回りが硬めな割にショックの入りがトガってないので長距離でも快適だし、キモチのよい硬さ。おいしい本格パスタのような歯ごたえある走り味なのだ。

欲張りお父さんにはオススメの実用ハッチ

 また基本的には曲がりにくいフロント駆動車のゴルフだが、コーナリング中に内側ブレーキをつまんで曲がり易くする制御や新型GTIから備わった電子制御式デフロックにより、タイトコーナーでもビックリするほど良く曲がる。

 見た目は実用車、速さや走り味はスポーツカーという欲張りお父さんにはオススメの実用ハッチバックなのだ。

 唯一の問題は、ノーマルゴルフより100万円以上高い466万円の価格だが、2台買うと思えば安いもの。ぜひとも一粒で二度オイシイ男の合理的な夢グルマをアナタにも試乗していただきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

    プーチン追放クーデター進行か…ウクライナ軍が目指すロシア軍“8.24完全撤退”の可能性

  2. 2
    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

    ロシア軍が地上戦力3分の1損失の深刻…プーチン大統領が“禁じ手”少年兵15万人動員か

  3. 3
    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

    「パラリーガルのままでよいですよ」…話題の本「秋篠宮」の思いは小室圭さんに伝わっているのか

  4. 4
    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

    NHK朝ドラ「ちむどんどん」正念場…識者も「おとぎ話すぎる」「絵空事に見える」と超辛口

  5. 5
    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

    みやぞん、中岡が…日テレ看板番組「イッテQ」相次ぐ不祥事でいよいよ崖っぷち

もっと見る

  1. 6
    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

    日本ハム最下位低迷&観客動員数ワーストでもBIGBOSS効果は絶大!育成と勝利の両立が形に

  2. 7
    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

    “伝説のAV女優”小林ひとみさん 銀座高級クラブで雇われママ、コロナ休業中はゲーマー加速

  3. 8
    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

    プーチン大統領は余命数カ月?「血液のがん」説浮上とロシア側「憶測無視せよ」通達の深刻度

  4. 9
    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

    阪神次期監督に藤川球児氏が急浮上!最下位独走も売り上げ好調で矢野監督は途中解任せず

  5. 10
    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情

    広瀬アリスらが休業宣言、大物の急逝相次ぎ…芸能人のメンタルケアに頭を悩ます事務所の内情