猪瀬知事辞任で贈収賄捜査加速 微罪立件も障害なし

公開日: 更新日:

 贈収賄疑惑が濃厚になった途端、あっさり白旗を揚げた猪瀬知事。18日、徳田虎雄前理事長との面会の際に東電病院の取得を目指す考えを伝えられていたのに、都議会では「話題になっていない」と答弁していたことが発覚したのが、致命傷となった。

 それほど、この情報のインパクトは大きい。往生際の悪い猪瀬の辞任を早めたと同時に、いよいよ猪瀬本人が「贈収賄」や「事前収賄」に問われるケースに発展しかねないからだ。

「猪瀬知事が現金授受の前に徳洲会の意向を把握していれば、5000万円は副知事時代に東電病院の売却にメドをつけた<成功報酬ではないか>と受け止めることは十分に可能でした。それを承知で現金を受け取れば『賄賂』との認識があったと法解釈されかねません。この場合、現金を返したかどうかは立件の妨げにはなりません」(法曹関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る