海外メディア騒然 安倍首相がダボスで放ったトンデモ発言

公開日:  更新日:

 安倍首相のアブない発言に諸外国が警戒感を強めている。安倍首相は22日(日本時間23日)、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で基調講演を行ったが、経済政策はまるで注目されず、海外メディアとの懇談では、靖国参拝や中韓関係に質問が集中した。

 記者から「日中が武力衝突に発展する可能性はないのか」と問われた安倍は、「英独は多くの経済的関係があったにもかかわらず、第1次世界大戦に至った」と指摘。日中も戦争前夜と受け取られかねない発言に海外メディアは騒然だ。

 英フィナンシャル・タイムズやBBCは「首相は経済的に相互依存する日中は1914年の英独に似ていると認識している」などと伝えた。英独は、第1次大戦で直接戦っている。BBCは「首相は靖国参拝について後悔や陳謝のそぶりをみせなかった」とも報じた。

 歴史認識が“独特”な上に、政治的センスがなさ過ぎる。安倍の発言は国際的に波紋を広げていて、外務省は対応に追われている。「首相の真意は日中間の武力衝突回避にある」と、欧米メディアに「真意の説明」を始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る