日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

海外メディア騒然 安倍首相がダボスで放ったトンデモ発言

 安倍首相のアブない発言に諸外国が警戒感を強めている。安倍首相は22日(日本時間23日)、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で基調講演を行ったが、経済政策はまるで注目されず、海外メディアとの懇談では、靖国参拝や中韓関係に質問が集中した。

 記者から「日中が武力衝突に発展する可能性はないのか」と問われた安倍は、「英独は多くの経済的関係があったにもかかわらず、第1次世界大戦に至った」と指摘。日中も戦争前夜と受け取られかねない発言に海外メディアは騒然だ。

 英フィナンシャル・タイムズやBBCは「首相は経済的に相互依存する日中は1914年の英独に似ていると認識している」などと伝えた。英独は、第1次大戦で直接戦っている。BBCは「首相は靖国参拝について後悔や陳謝のそぶりをみせなかった」とも報じた。

 歴史認識が“独特”な上に、政治的センスがなさ過ぎる。安倍の発言は国際的に波紋を広げていて、外務省は対応に追われている。「首相の真意は日中間の武力衝突回避にある」と、欧米メディアに「真意の説明」を始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事