国内メーカー戦々恐々 米国発「25ドル」激安スマホの脅威

公開日:  更新日:

 国内スマートフォンメーカーは、今ごろ真っ青じゃないか。
 世界シェア第2位のネット閲覧ソフト「ファイアフォックス」で知られる米モジラ財団が23日、スペイン・バルセロナで開催された「モバイル・ワールド・コングレス」で、25ドル(約2500円)の激安スマホを発売すると発表した一件だ。

 2500円といえば、これまで激安スマホの代名詞だった中国メーカーの〈1000元スマホ〉(約1万7000円)の7分の1程度。6万~7万円もする国内メーカー端末の30分の1以下の値段だ。

 同社は、スマホを動かす基幹ソフト(OS)を低コストで開発し、機能も最低限に抑えることで激安を実現。「第3のOS」として、アンドロイドとiOSが占める“2強”に割って入ろうとヤル気満々だ。

 ターゲットはアジアやアフリカ、南米の新興国の低所得層だが、こんな値段でスマホが買えるとなれば、高価な端末を持たされて宝の持ち腐れの日本人ユーザーが、待ってましたとばかりに買い替える可能性もある。すでにKDDIは4月以降、モジラのOSを搭載したauの端末を発売する見通しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る