消息不明マレーシア機 急浮上する「機長による政治テロ説」

公開日: 更新日:

 乗員・乗客239人を乗せたマレーシア航空MH370便が南シナ海で行方不明となってから、20日で12日が経った。マレーシアをはじめ世界26カ国が、中央アジアやインド洋など広範囲で捜索活動を続けているものの、依然として有力な手掛かりは発見されていない。「ハイジャック説」「事故説」など情報が錯綜しているが、そんな中、急浮上してきたのが機長による政治テロ説だ。国際ジャーナリスト・春名幹男氏はこう見ている。

 依然消息不明のマレーシア航空機。ナゾの焦点は、機長の政治活動と、極めて不可解なマレーシア政府当局の対応に集中している。

■不可解な政府当局の動き

 ベテランの操縦士、ザハリエ・シャー機長(53)が意図的に機体の位置情報を隠した可能性は、意外な形でナジブ首相らから明らかにされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る