福島県知事選にそぞろ 鳩山邦夫元総務相がソワソワのワケ

公開日: 更新日:

 安倍自民党は10月の福島県知事選で、独自候補を擁立せずに相乗りを模索しているとの報道が出た。原発問題の争点化を避け、連敗したくないからだが、実は福島知事選をめぐっては、もうひとつ有権者をバカにしたような話が進行中だ。

「福島県田村市出身の参院議員、荒井広幸・新党改革代表が知事選出馬に色気を見せているのですが、これに断然乗り気なのが、自民党の鳩山邦夫元総務相です。荒井さんは参院の比例。議員を辞職して知事選に出馬すれば、繰り上げ当選になるのが邦夫氏の長男の太郎氏(40)だからです」(政界関係者)

■都議2期目で落選

 2010年の参院選で太郎は新党改革から立候補。2万4000票弱しか集められなかった。荒井が取ったのは6万票。それでも荒井が辞めれば次点の太郎がバッジを着けることになる。荒井は安倍首相と近い。それだけに自民党の推薦を得られれば、この話は現実になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る