日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金バラまきの恥さらし…世界が失笑した安倍首相の国連演説

 日本時間の26日未明、安倍首相が国連総会の一般討論演説を行ったが、棒読み英語のスピーチのその内容たるや、まさに噴飯モノだった。

「ジャパン ビカム ア パーマネントメンバー オブ セキュリティー カウンシル」

 演説のメーンは安倍首相が前のめりになっている「常任理事国入り」へのアピールだ。安倍首相は日本出発時から、「国連を21世紀にふさわしい形に改革していくため日本がリーダーシップを発揮していきたい」と吠えていた。総会の壇上でも「日本は常任理事国となり、ふさわしい役割を担っていきたい」と訴えたが、加盟各国は失笑だったんじゃないか。日本がリーダーシップ? 米国追従の属国なのに、何をバカなこと言っているんだ。米国の票を1つ増やすだけ──。こう呆れていたことだろう。

 常任理事国入りで大国ヅラしてエエカッコしたいのだろうが、安倍首相がそのためにやっていることは、カネにものをいわせた卑しい“買収”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事