現実味帯びてきた「米朝開戦」 駐韓大使襲撃犯は7度も平壌に

公開日:  更新日:

 あの男の陰謀か。米国の駐韓大使襲撃事件で、北朝鮮は「当然の懲罰」「正義の刃の洗礼」などと米国を挑発。米国務省のハーフ副報道官は、「度を越して無神経だ。金正恩体制の本性をよく表している」と非難した。

 米朝関係が緊迫化する中、顔に80針縫う大ケガを負ったリッパート氏(42)は7日、ツイッターに「カッチ・カプシダ(共に進みましょう)」と投稿し、“大人の対応”を見せているが、合同軍事演習真っただ中の米韓は、黙っちゃいない。

「殺人未遂容疑で現行犯逮捕された韓国籍の金基宗容疑者(54)は北朝鮮に共鳴し、平壌を7度訪問。家宅捜索で関連書籍が押収されていて、米韓は北の関与を疑っています。韓国警察は米FBIと緊密に連携し、国家安保法違反も視野に入れて捜査。国家安保法は、北とリンクした共産化の動きを規制する法律なのです」(現地記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る