現実味帯びてきた「米朝開戦」 駐韓大使襲撃犯は7度も平壌に

公開日: 更新日:

 あの男の陰謀か。米国の駐韓大使襲撃事件で、北朝鮮は「当然の懲罰」「正義の刃の洗礼」などと米国を挑発。米国務省のハーフ副報道官は、「度を越して無神経だ。金正恩体制の本性をよく表している」と非難した。

 米朝関係が緊迫化する中、顔に80針縫う大ケガを負ったリッパート氏(42)は7日、ツイッターに「カッチ・カプシダ(共に進みましょう)」と投稿し、“大人の対応”を見せているが、合同軍事演習真っただ中の米韓は、黙っちゃいない。

「殺人未遂容疑で現行犯逮捕された韓国籍の金基宗容疑者(54)は北朝鮮に共鳴し、平壌を7度訪問。家宅捜索で関連書籍が押収されていて、米韓は北の関与を疑っています。韓国警察は米FBIと緊密に連携し、国家安保法違反も視野に入れて捜査。国家安保法は、北とリンクした共産化の動きを規制する法律なのです」(現地記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る