外資が高値売り抜け 「大塚家具」やっぱりハゲタカだけ高笑い

公開日: 更新日:

 父娘が経営権を争う大塚家具のお家騒動は、外資系ファンドだけが高笑いする結末を迎えそうだ。久美子社長サイドとみられていた大株主の米ブランデス・インベストメント・パートナーズが保有株を大量売却していた。

 ブランデスが10日に提出した大量保有報告書によると、大塚家具の株価が2000円の大台を超えた2日に売り始め、年初来高値の2488円を付けた3日に一気に6.12%分を手放している。売却額は約30億円。これでブランデスの保有率は4.63%まで縮まった。

 経済アナリストの瀬川剛氏はこう言う。
「利益追求が最大使命のファンドが売り抜けるのは当たり前。それに、ブランデスはモノ言う株主と呼ばれるアクティビストというより、純粋な資産運用会社。割安株を仕込んで長期保有する投資スタンスです」

 27日開催の株主総会で父娘バトルの決着をつける大塚家具は、招集通知を発送した。久美子社長が「漫然と広告宣伝費の支出を増加させ、業績は悪化した」と父親を非難すれば、勝久会長は「経営の私物化という言語道断の行為」と猛反撃。プロキシファイト(委任状争奪戦)は激しさを増している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  9. 9

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る