安倍首相と橋下氏 怪しい“お友達”に甘く必死でかばう共通項

公開日: 更新日:

 大阪と東京で教育行政トップの醜聞が2月下旬、相次いで明らかになった。支援組織の任意団体「博友会」をめぐる献金問題で追及を受ける下村博文文部科学相と大阪府教育長でありながら部下らに「パワーハラスメント」を行ったと第三者委員会で認定された中原徹だ。

 中原は3月12日に教育長を辞職しているが、粘った。下村は刑事告発をされたのに、いまだに文科相として居座っている。

 下村は安倍首相の側近として知られる。中原は橋下徹大阪市長の早稲田大時代の同級生。くしくも2人とも「お友達」なのである。安倍も橋下もお友達には非常に寛大な点で一致を見る。

 野党の追及に耐え切れなくなった下村は3月3日、辞意を漏らしたが、安倍が「辞めちゃダメだ」と強く慰留したとされる。翌日、安倍は教育再生実行会議の提言をまとめた会合で「下村大臣が中心となって提言の着実な実行に着手していただきたい」とあいさつ。わざわざ下村の名前を出して、続投を強調した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

もっと見る